東大生はなぜモテない恋愛下手と言われる?東大非モテOBがその経験を話す!

男子にとっての高学歴は今や不況の社会でモテるための大きな要因と言っても過言でもありません。大学別の生涯年収で見ても圧倒的NO1に君臨する東京大学は国内で最も有望な若者が集まる場所とも言えますが、皆様はこんな話を聞いたことがないだろうか?

 

東大生(OB)はモテない。

 

傍から見れば誰もが憧れるステータスを持ちながら、彼女がいない・作りたくても作れないフリー東大生が今も昔も多いようなのです。今回はその謎を解明すべく東京大学OBの哲也さん(仮名)にインタビューを行い、彼女が出来なかった理由や彼女を作るための努力まで様々な部分を聞き出し記事にしました!

 

編集部ナツ
憧れの的なのに彼女が居なかったのほんとなんですか?
哲也さん
卒業間際になって初めてできたくらいですから恋愛はそれまで全く無縁でした。サークル仲間や友達も私と同じようにチェリーだったので東大生がモテないというのは一理あると思います。

※以下からは哲也さんの執筆

東大生がモテない理由

東大にいるからと言って、逆ナンされたり合コンの申し込みが増えたりなど何もしないで出会いのチャンスが増えると言うことはありません。もちろん、在学中の過ごし方や自分自身の問題もありますが東大生がモテないというよりフリーの人が多い理由は以下のような部分に大体当てはまるからでしょう。(イケメンは除く)

 

学校内がみんな東大生だから

 

東大内だけのコミュニティに限定してしまうとフツメンクラスの東大生がモテるということはありません。だって、女性も東大生なんですから。学校内では当たり前ですが学歴が武器にはならずサークルに入っていたとしてもインカレなどでなければあまり意味がないです。

 

過去にも恋愛経験がないから

 

自分で言うのもアレですが、東大に入ることを目標に中高と生活を送ってきたので大半を勉強に捧げていました。友人との遊びを我慢したり、勉強以外の色々なことを遠ざけた生活を送っていましたから人生経験で言うと正直他者より希薄に感じる部分があると思います。恋愛も本当はしたかったけど、自分にその勇気もなければ時間を削られるリスクなんかも考えたりして結局、同年代が楽しそうにしているのを傍目から見ているだけでした。だから、いざ東大に入った後も異性に対する接し方がわからず彼女ができなかったのだと思いますね。

 

東大ブランドを過信していた

 

在学中は自分のステータスにひっそり自信を持っていましたが、それがモテるかというとまた別の話なんですよね。確かに学歴に対して魅力を感じてくれる異性はいるかもしれませんが、今はあくまで学生の身でお金持ちなわけでもないですし、将来自分がどんな仕事に就くかだってわからないわけで、東大にいるだけで寄ってくるかというと全然そんなことはなかったです。

 

自分が行動をしなかった

 

一番の理由は東大に入った後も彼女を作る努力やモテるための行動をしなかったことです。しなかったというよりは「わからなかった」が適切な表現になると思いますが、自分も周りも勉強については熱心になっても、恋愛に関しては情熱の注ぎ方がわからず結局なあなあで卒業間近まで行ってしまいましたからね。

 

経験の少なさが要因

悩む男性

東大生は一般的な学生と時間の過ごし方が違うので恋愛の面ではどうしても劣ってしまうのだと思います。

 

学生の間は勉強ができることに特化していきますが、その他の人生経験においては人なりに遊んだり、部活で友情を深めたり、彼女持ち経験者にはコミュニケーション能力や対人スキルで敵いません。

 

もちろん、入学をしてこうした普通の人との差に気づいて即行動した人やそうした部分を両立させながらうまく生活している東大生もいますが、大半の東大生は中高で恋愛をする余裕もなく、また入学後も経験がないから異性との接し方がわからないという方がかなり多く・・・こうした東大生と接触した女性が多いから「モテない」というイメージが定着したのだと思います。

 

東大生がモテる為にした行動

ピーコートデニム組み合わせ

現状のままでは、何も起きることなく卒業を迎えてしまう・・・という焦りがあったので、そのため就活をしつつ3年生になったときから初めて具体的な行動を色々試して見ました。

 

おしゃれにこだわるようにした

 

異性に好意的に見られるには、まず自分磨きをしなければという思いで、今まで通っていた1000円カットから美容院に変えてみたり雑誌を読んでファッショントレンドを学んでいきました。初対面同士の場合は、外見がほぼ全てと言っても過言ではないので、イケメンではないですがせめて最低ラインに立てるよう頑張ったつもりです。ここで気づいたのは、髪型と眉毛、服装で自分でわかるくらいに雰囲気がガラリと変わるという部分で、徐々にちょっとした自信を持てるようになったので基本ながらかなり大事な部分だと思います。

 

街コンに参加した

 

東大内ではおしゃれをしてもモテる存在ではなかったので、外に飛び出そうと思いました。まず最初に試したのが東大ステータスが武器になる(と思われる?)街コンへの参加で、案の定街コンで知り合った子は東大生であることに食い気味になることが多かったです。最初は学内の友達と行ってめちゃくちゃ緊張しましたが、ラインの交換くらいであれば簡単にできるしその後に繋がった子もいるのでお金は掛かるけど参加してよかったと思える行動でした。

 

マッチングアプリをはじめてみた

 

学内でも使っている人が多かったので身バレしないか心配だったのですが、どのアプリも同姓は表示されないしフェイスブックと連動したりしているので仲の良い人に知られることなく利用できました。マッチングアプリに関しては東大だからと言っていいねが増えたりということはなく写真の要素が特に大事なんだと思います。現に自分はほとんどの女性とマッチングできなかったわけですから。

 

哲也さん
ナンパをする根性がないので、できる事がこれくらいでした。でも、結果的に街コンで彼女ができたので0を1にできたのはとてつもない成長だと思います。

 

東大OBになったらこうして出会え!

出会った2人のイメージ

社会人になると学生よりも出会いの幅が狭まるとよく言いますが、自分は人脈を築かなかったというせいもあって学生時代・社会人のどちらも出会いには恵まれていません。

 

街コンで知り合った女性とも別れてまたしばらくフリーの状態が続いていたのですが、東大時代の友人がおすすめしてきた「ブライトマッチ」というマッチングアプリをきっかけにまた彼女ができました。

 

ブライトマッチ

 

ブライトマッチは高学歴限定のマッチングアプリです。指定大学卒業者しか利用ができずお相手の女性も高学歴です。

 

ブライトマッチのユーザー属性

 

そして、ブライトマッチは紹介制になり、登録をして相手の希望を入れると月に数回相性が良いと思われる女性を紹介してくれる形になるので他の東大OBに利用の存在をバレることなく定期的にブライトマッチで紹介された女性とお見合い(食事)をしていました。

 

個人的には今まで使ったどのアプリよりも満足度が高かったので、高学歴の方なら東大以外の人にもおすすめできます。ちなみにメリットはこんな感じです。

お金目当ての人がいない

 

普通のマッチングアプリだと一般の人が紛れ込むぶん、中にはお金目当てだろうと思われる異性や業者も多くいます。ブライトマッチに関しては全てのユーザーが審査をされた上で利用をしているので、そうしたヨコシマな考えを持った人に今まで一度も会ったことがないです。この点は相手も高学歴なのでお金にこだわる必要がなく当然かもしれませんが、こうした部分もあって快適です。

 

話が合う人がたくさんいる

 

ブライトマッチで紹介される女性とは大体話が合うので使ってすぐの段階からいずれ良い人が見つかるのだろうなとは思っていました。過去の勉強苦労話や仕事の話なんかはとても共感ができて盛り上がったり、レベルの高い会話、お相手の教養の高さも伺えますからね。また、パリピ的なタイプの人間は少なく落ち着いた大人が多いのでそうした点も個人的には向いているツールだと感じていました。

 

顔重視ではない所

 

普通のマッチングアプリってイケメンに人気が集中する傾向にありますが、ブライトマッチは紹介された異性と会うか会わないかを決めるスタンスになるので人気が一極集中することなく誰にでもチャンスがあります。私は実際に会ってみてから相手の事を判断したいタイプなので、同じにようにまずは会ってからと考えている人なら時間効率も良いしおすすめです。

 

高学歴男女限定マッチングサービス【ブライトマッチ】

 

モテない東大生(OB)は行動あるのみ!

何も考えていなかったり、奥手のまま放置してしまうとズルズルその期間を引きづることになります。彼女が欲しいと思っているならその感情に素直になるべきだし、何より東大という狭き門をくぐれた人なら何事に対しても努力ができるはずです。勉強や仕事だけが人生ではないので、恥かいても何でもまずは行動に移していくことが大切です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です